◆東芝 番組情報量が多く、文字が見やすい高精細の電子番組表を搭載したハイビジョンレコーダー「VARDIA」2 機種
FC2ブログ

◆東芝 番組情報量が多く、文字が見やすい高精細の電子番組表を搭載したハイビジョンレコーダー「VARDIA」2 機種

ここでは、「◆東芝 番組情報量が多く、文字が見やすい高精細の電子番組表を搭載したハイビジョンレコーダー「VARDIA」2 機種」 に関する記事を紹介しています。

★この商品を楽天市場で探す!★



【 メーカーホームページ 】
●概要
東芝は、ハイビジョンレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」シリーズの新商品として、番組情報量が多く、文字が見やすい高精細の電子番組表を搭載したエントリーモデル「RD-E1005K」および「RD-E305K」の2機種を2月中旬から発売する。

「RD-E1005K」は、1,000GB(1TB)のハードディスクを搭載した大容量モデルで、「RD- E305K」は320GBのハードディスクを搭載したモデル。

新商品は、従来機種に比べ番組情報量を文字数換算で約2.8倍多く表示でき、文字も見やすくなった電子番組表を搭載。

また、エントリーモデルとしては初めて「スカパー!」を簡単に録画できる「スカパー!かんたん予約連動」機能を新搭載しているほか、従来機種同様に、日付、チャンネル、番組開始時間を設定するだけで予約ができる「かんたん予約」機能や電子番組表から「録画」ボタンを押すと予約が完了する「番組表一発予約」機能、「CATV連動」機能等の使いやすさを追求した機能を搭載。

新商品は、本体の奥行き約253mmのコンパクトなボディを採用しているので、薄型の液晶ハイビジョンテレビと組み合わせても、省スペースで設置することができる。
また、よく使う基本操作ボタンだけを搭載した「シンプルリモコン」や液晶テレビ「レグザ」と簡単に連携できる機能「レグザリンク」に対応し、エントリーユーザーに使いやすいモデル。

●主な特長
・大容量ハードディスクを内蔵(「RD-E1005K」)
・高精細番組表を搭載
・「スカパー!かんたん予約連動」機能と「CATV連動」機能を搭載
・「かんたん予約」機能と「番組表一発予約」機能を搭載
・「レグザリンク」対応、奥行き約253mmのコンパクトボディ


価格 オープン
発売日 2010年2月中旬
ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ioi49oiui12.blog103.fc2.com/tb.php/3144-0b538a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック